setstats



三本槍岳
2014.11.3





当初は安達太良山に登る予定であったが、悪天候により現地で中止を判断。北西寄りの強風の影響を受けにくいルートを探した結果、三本槍岳を林道大峠線からピストンすることに。
林道から見上げる白っぽい稜線は黒ずんだ雲で見え隠れし、条件はいいとは言えないが無理せず撤退も視野に歩き出した。雪が舞っているものの、風を受けないルートを早足で進む。急登を終え、ガスの中を平坦な草原地帯を進むと、鏡が沼に到着。畔のダケカンバがアクセントになり、箱庭的な雰囲気で居心地がいい。
さらにササにつかまりながら急登を上り詰めると稜線に出た。ここからは尾根伝いに強風にさらされながら、三本槍岳山頂へ。強風で立っていることすらままならない山頂にはとどまらず、岩陰で休息をとり、すぐさま下山することに。厳しい条件ではあったが、誰もいない静かな初冬の山を楽しめた。





鏡が沼







   






凍てつく三本槍岳山頂













稜線から鏡が沼を見下ろす





大峠林道終点 11:00 - 鏡が沼 - 12:40 三本槍岳 12:50 - 鏡が沼- 14:10 大峠林道終点

歩行時間:3時間 歩行距離:7.0km

1