setstats



穂高・ジャンダルム
2014.9.26






 台風一過、紅葉には多少早いと思われるタイミングだが、人混みを避けて金曜日に入山し、涸沢から北穂、奥穂、前穂を周回することに。
 横尾で山仲間と挨拶を交わし、屏風岩を回り込むと、木々の色づきが目立ち始め、意外にも涸沢の紅葉はいいかも…、期待が膨らむ。
 そんな予感が見事に的中。涸沢では圧倒されるほどの紅葉が出迎えてくれた。閑散とした涸沢ヒュッテのデッキでビールジョッキを傾けるが、時間が経過しても、眼前での出来事を信じることができないほどの色合い。その場を離れることがなんとも惜しかった。
 その日の宿は、涸沢と同様、紅葉シーズンにしてはあまりにも空いている北穂小屋。槍から穂高への岩稜や夕日、朝日、星空を堪能したことはもちろん、小屋の雰囲気も心落ち着くものだった。
 2日目は奥穂からジャンダルム経由で天狗沢を下るルートに急遽変更。この山行では、紅葉、パノラマ、岩稜歩きを存分に楽しんだ。




横尾への道で猿に遭遇



梓川沿いに進む



屏風岩を回り込むと紅葉が…




涸沢を目前に紅葉真っ盛り
4



本谷を見下ろす



まだら模様の紅葉と青空



涸沢ヒュッテのデッキで至福のひととき



眺め続けることしばし、それでも目の前の景色が信じられない



さらに北穂へと向かう



前穂北尾根


     
北穂山頂(北峰)




大キレットの先には槍ヶ岳




笠ヶ岳の先に沈む夕日




雰囲気のよかった北穂小屋




常念山脈方向からの日ノ出



稜線の西側からは雲が流れ込む









人も少ない北穂前のデッキ







涸沢岳への岩稜から望む槍ヶ岳










涸沢を覗きこむ




奥穂でジャンダルム行きを決断




最難所の馬ノ背。ノコギリ歯を下降した




ジャンダルムとロバの耳(手前)




ロバの耳




ジャンダルム




奥穂高の雄姿



ジャンダルム山頂







天狗沢を下る




上高地5:50-8:10横尾8:30-11:10涸沢12:10-15:00北穂小屋(泊)6:00-8:00涸沢岳8:10-8:25穂高岳小屋8:40-9:40奥穂高岳9:50-11:20ジャンダルム12:00-12:50天狗のコル13:00-14:50岳沢小屋15:00-16:50上高地

歩行時間:20時間   歩行距離:25.3km

1