setstats



槍ヶ岳
2014.7.20-21




 山仲間との夏の恒例山行、今年は槍ヶ岳へ。しかし、3連休の天気予報は、大気が不安定とのこと。双六から奥穂までの縦走は諦め、1日出発を遅らせて、槍だけをハントすることに。

 新穂高温泉から槍へのルートをたどるのは初めて。槍平小屋を過ぎて、勾配がきつくなるに従い、なんだか調子が悪いようで息があがる。
このところの怠惰な生活を送っていた代償として、早速洗礼を浴びることとなった。

 槍ヶ岳山荘に着いてからは、まずは一服。ビールに日本酒で乾杯!穂先には登山者の少ない夕方に登頂したが、昨年に引き続きガスで、視界は利かなかった。登る途中、お花畑を発見。登山道を少しはずれた場所に
ミヤマキンポウゲ、ハクサンイチゲ、イワベンケイの群落が・・・。

 翌朝は快晴。松本盆地は雲海に包まれている。しばし寒さを我慢しなら、日の出前、夜のとばりが明けていく時間を楽しんだ。

 さて、7年ぶりの大喰岳、中岳、南岳とピークをつなぐ雲上の散歩道。左には大天井、常念、右には笠ヶ岳、正面には穂高連峰を眺め、両脇の下方に広がるカールと雪渓を眺めながら進むと、ライチョウが頻繁に顔を見せてくれる。南岳小屋近くの大キレットを見下ろす岩からは、ビール片手に絶景を堪能。南岳小屋を後にすると、南岳新道は急なくだりの連続。上部はカール地形で雪渓も残り、人も少なく秘境ムード満点。

 今年最初の夏の北アルプス、身体へのダメージは大きいものの、モチベーションのアップに効果大の山行となった。



滝谷


 

 

 

 


穂先に咲くミヤマキンポウゲ




イワベンケイ



槍ヶ岳山荘



槍ヶ岳山頂







日の出前の槍沢



穂先の横からご来光







笠ヶ岳



西鎌尾根の先には双六岳







稜線に咲くハクサンイチゲ



大喰岳山頂











大天井岳~常念岳、手前は東鎌尾根と赤沢山







ライチョウ




槍ヶ岳の遥か彼方に鹿島槍ヶ岳




中岳山頂




中岳山頂付近から望む穂高の峰々




氷河公園





中岳、槍ヶ岳



南岳山頂



大キレット












南岳新道を下る











1日目
新穂高温泉3:40-8:20槍平小屋8:40-13:00槍ヶ岳山荘16:30-槍ヶ岳-18:00槍ヶ岳山荘(泊)

2日目
槍ヶ岳山荘6:10-大喰岳-中岳-南岳-9:00南岳小屋9:45-13:15槍平小屋13:45-17:30新穂高温泉

歩行時間:19時間50分   歩行距離:30.8km

1