setstats



信州峠~小川山
2014.7.12




 体力づくりを兼ねて、前週に続いてのバリルート、信州峠~小川山を攻略することに。信州峠に着くと、あたり一面霧が発生しており、ルーファイに不安を感じつつ、出発。

基本的に尾根伝いに歩けばいい…と思っていたが、見透しの利かない樹林のなかでは、コンパスに頼る場面も多く、地図読みの実践トレーニング。前週の鶏冠山に比べると、薮こぎの距離が格段に長いのが体力的に厳しく、顔に付きまとう虫にも悩まさせた。

 信州峠から小川山までを歩いたことで、富士山山頂から奥秩父縦走路を経て、八ヶ岳までのルートをつなぐことができた。



 
出発地点の信州峠、小川山まで道なき道を行く






 
三角点、夕日アタリ















石ッコツ付近は岩が累々と



石ッコツ




横尾山の奥には八ヶ岳も




収穫!


 
萱ダワ付近




萱ダワからの激しい藪&急登



三角点、大双里




目指す小川山はまだ遠くに




行く手を遮る倒木




目印となる巨大な岩、山頂までもう少し



山頂直下のシャクナゲの藪



小川山山頂




岩峰から眺める金峰山




小川山を振り返る



水晶を発見





信州峠に戻る途中、瑞牆山が見えた



信州峠5:00-5:25夕日アタリ5:30-6:00石ッコツ-7:20フシノソリ-7:45萱ダワ7:50-9:55松ネッコ-10:05大双里10:10-10:20松ネッコ-11:45巨大な岩-12:15小川山12:30-13:45分岐-14:30富士見平小屋-14:55みずがき山荘-16:20信州峠

歩行時間:10時間50分   歩行距離:22.7km

1